Blog

HOME > Blog

【今池おすすめ】マラソンフェスティバル・ナゴヤ2017♪

今週末は、
ナゴヤドームを中心に、
マラソンフェスティバルが開催されます♪
 

12日の日曜日は、
名古屋シティマラソンと名古屋ウィメンズマラソンが
同時開催されます。


名古屋ウィメンズマラソンは
元々は、オリンピックや世界陸上のマラソン代表選考会としての
歴史もある名古屋国際女子マラソンとして開催されていました。


3.11の大震災の年は中止され、
その翌年から、「名古屋ウィメンズマラソン」としてリニューアルされました。


最多参加人数の女子マラソンとして認定されて以来、
毎年ギネス世界記録を更新し続けているそうです!!


そんな、名古屋ウィメンズマラソンのコースですが
なんと、当院の目の前が、折り返しの約15キロ地点になっているんです‼


DSC_0378


この日は、当院は休診日ですが、
今池界隈は熱気に包まれていると思われます♪



名古屋方面にお越しの際は
どうぞ、交通規制にお気を付けください☆

 

2017年3月9日

【今池おすすめ】今池界隈をご案内♪

今日は心地よいお天気だったので、
お昼は外にでてみました。


帰りがけに
クリニックの近くにある『ダイゴ』さんへ。

 

DSC_0371


ちょっぴり、ノスタルジック漂う雰囲気で、
お店の中も、その期待を裏切りません(笑)。


ここにくると
なんだか、時間の流れを忘れて、
ホッと一息つけれる、癒しの場所です。

 

DSC_0370


レトロな漫画も、
最新の雑誌も揃ってるので、


ちょっと
時間ができたときにゆっくりできるかもしれません☆


当院から徒歩すぐです↓



_20170227_141314

2017年2月27日

【Daily】2017年が始まりました。

2017年がスタートして
はや10日経ちました。


年末年始のリズムから
普段の生活リズムにそろそろ
戻りかけた頃でしょうか。


先日、寒の入りになりまして、
冬本番なのか、寒い日が続いております。

節分までは、寒の内。

体を冷やさないよう温かくして、
体調管理には気を付けてお過ごしください。


本年も、どうぞ宜しくお願い致します。



  2017年1月10日

【お知らせ】年内の診療は明日までです。

みなさまこんにちは。

いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりました。


当院の年内の診療は明日までとなります。


今日、明日の予約はいっぱいになってしまい
ご迷惑をお掛けしておりますが、
何卒宜しくお願い申し上げます。


年明けは、
1月5日(木)から診療となります。
現時点では、1月12日(木)まで
予約が埋まっている状態です。


お薬の事など、お困りなことがあれば
お気軽にお電話にてご相談ください。
  2016年12月26日

【健康】血糖値を安定させるためには。

前回、「糖化」の要因のひとつに
「血糖値」が関係しているとお伝えいたしました。


そもそも、血糖値とは


血液中に存在するブドウ糖(グルコース)の値で、
糖質をブドウ糖に分解し、エネルギーとして利用しています。


血糖値の高い状態が続く→糖尿病や合併症のリスクの可能性が

血糖値が低すぎる→体や脳が働けなくなる


したがって、血糖値は高すぎても低すぎても良くなく
ある一定の範囲に維持されなければなりません。


正常な場合は、食事をとると穏やかに血糖値が上昇し、
その3~4時間で空腹時の値まで下がります。


ところが、


菓子パン、ジュース、カップラーメン、おにぎりなど
糖質ばかりの食事をとると・・・

血糖値が急上昇

血糖値調整のため、
膵臓からインスリン大量分泌

数時間後、血糖値が急降下

低血糖状態に反応し、
アドレナリンなど
血糖値を上げるホルモン過剰分泌


つまり、


代謝のために必要な何種類ものホルモンが
大量に分泌されることになり、
ホルモンの無駄遣いをしていることになるのです。


そこで、血糖値を安定させるために
血糖値を急上昇させない食事のポイントをお伝えいたします♪



☆空腹時に、甘いジュースやお菓子、パンなどを食べない

どうしても食べたいときは、胚芽小麦やライ麦パン、玄米などを
選ぶだけで、血糖値の急上昇を妨げます。



☆GI値の低い食品を知っておく


食事の際はGI値の高いものを後回しにする。


GI値とは・・・
食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの。
GI値が低ければ低いほど血糖値の上昇が遅くなり、インスリンの分泌も抑えられる。


<GI値の低い食品>
春雨、そば、玄米、レタスなどの葉物、キノコ類、リンゴ
ナッツ類、牛乳、ヨーグルト、チーズなど


<GI値の高い食品>
白米、精製された小麦のパン、ニンジン、かぼちゃ
じゃがいも、せんべい、クッキー、チョコレートなど



☆野菜→魚・肉などのたんぱく質→ご飯などの炭水化物、の順で食べる

最近は、テレビや雑誌などで、食べる順番が肝心だといわれてますね。
やはり繊維質の多い食品から摂ることがいいみたいです。



☆異性化糖に注意

異性化糖とは、ブドウ糖と果糖を主成分とする液状糖で
原料はとうもろこしやじゃがいなどのでんぷんです。


果糖含有率50%未満→「ブドウ糖果糖液糖」
果糖含有率50%~90%未満→「果糖ブドウ糖液糖」
上記の液糖に10%以上の砂糖を加えたもの→「砂糖混合異性化糖」


といいます。


異性化糖は砂糖に比べて安価なため
お菓子、清涼飲料水、調味料など
様々な加工食品にしようされています。


果糖は、ブドウ糖の10倍も糖化を早めるという報告もあり、
取りすぎにはくれぐれも注意しましょう。


以上のことを気を付けて
ホルモンの無駄遣いや糖化を防ぎましょう♪


 

2016年11月15日