Blog

HOME > Blog

ゴーヤー。

皆さま、こんにちは♪

少し、暑さのピークは過ぎたように感じますね。

8月に入ってから
ゴーヤーをいただく機会が増えました
 

「ゴーヤ」の画像検索結果


あの苦味がなんともいえなくて大好きなんですが
この苦味成分は「モモルデシン」という成分で、
これがとても身体に良いようです。
胃腸の粘膜を保護したり
食欲を増進する効果があるそうです。


さらに


ビタミンCを豊富に含んでいるため、
風邪の予防疲労の回復
肌荒れなどに効果があるとのこと


ビタミンCは通常加熱すると壊れやすいのですが、
ゴーヤーは、炒めても壊れにくいようです。
油との相性抜群なこともあり
お肉と豆腐とコラボした
“ゴーヤーチャンプルー”
暑さでだれてしまうこの時期には栄養満点のメニューですね

2015年8月25日

花火。

皆さま、こんにちは♬
毎日暑さが続いていますね


夏の風物詩といえば。。。。


花火大会!!



と、いうわけで、
先週末、岐阜の長良川花火大会に行ってまいりました♬


20150801_195045

 


この花火大会は
7月末と8月初めに行われるそうですが
後者の方は地元の新聞社主催ということで
盛大に行われるみたいです


花火大会に行くまでは
混んでるし、、など少し億劫な気持ちもありましたが。。。


会場に向かう途中から、花火が打ちあがるのが見え
どんどんと気持ちも盛り上がり



最終的には
「観に来てよかった♪」
と大満足でした♬



あっという間に終わってしまう夏。
暑くて外出どころではないですが
夏でしかできないこと
体験してみて、一息つくのもいいですね



 

2015年8月6日

姿勢③。

今回で三回目となる姿勢のお話。
 

一回目では姿勢がもたらす悪影響について
二回目では悪い姿勢を改善するためのストレッチついて
お伝えしてきました


今日は、猫背を改善するとこんな良いコトあるよ~
というお話です。


痩せやすくなる

正しい姿勢を保つようになると、今まで使っていなかった筋肉も使われるようになる→
動いていなかった筋肉を刺激する→引きしめ効果や基礎代謝アップ

さらに、骨盤のゆがみ改善の効果も期待



.スタイル良く見える

正しい姿勢で過ごすことによって、背筋が伸び、
全体的に引き締まった印象を与えることができる



顔のたるみ対策になる

“猫背”が習慣化→アゴが前に出る→背中の筋肉が緊張しやすくなる→
後頭部から背中にかけて広がっている 筋肉・僧帽筋(そうぼうきん)が衰える。
この僧帽筋と呼ばれる筋肉は、顔の“表情筋”とつながっているので
“僧帽筋”の衰え =“表情筋”の衰えにつながってしまい、
結果的に顔がたるむ原因となってしまいます



冷え性の改善

姿勢が悪くなると、脊髄神経が圧迫され、血流が悪くなり、冷えやすくなってしまいます
正しい姿勢を保つことで、血行を良くし、冷え性の症状を和らげることができます



呼吸が整う

猫背がクセになっていると、常に背中が丸くなり、
胸を縮めた状態になるため、
どうしても呼吸が浅くなってしまいがちです。
その結果、酸素が足りなくなり、自律神経が乱れてしまう可能性があります。

姿勢を正して、深呼吸を行うことで、乱れた自律神経を整える効果が期待できます



集中力が身につく

集中力をアップさせるためには、脳が酸素を必要とします。
「姿勢を良くする」ことによって、効率良く酸素を取り入れ、
脳に酸素を行き渡らせ、より集中することができます



自分に自信が持てる

正しい姿勢を取るだけで、気持ちにハリが出てきます!
シャキッとするだけで自信がもてるようになるハズです!

 


姿勢を正すだけで、
こんなにもメリットがあると思うと
意識せずにはいられませんね。

思い立ったら吉日です
今から、ピシっと伸ばしてみましょう
 

2015年7月10日

姿勢②。

先回、猫背チェックをいたしましたね♪

今日は猫背改善ストレッチをご紹介です
 


背中を伸ばすストレッチ

1.仰向けに寝る

2.バンザイするように手を伸ばす

3.2の状態で10分間背筋を伸ばす



首と背中を伸ばすストレッチ

1.イスに座り、後ろで指を組む

2.肩を限界まで後ろに引く

3.肩を引いた状態で頭を後ろに倒し、3つ数えて元に戻す

4.1~3の動きを、1日に20回以上、小分けして行う



腰と背中を伸ばすストレッチ

1.うつ伏せに寝て、腕立て伏せのように、上半身だけを後ろに起こす

2.1の状態で深呼吸を2回する

3.1~2の動きを1日10回以上行う




「楽だな~」
と思った姿勢が猫背になってるかもしれません!!


常に背中を意識して、
気付いたら姿勢を正すことを忘れないでください


ストレッチを試してみて、猫背を少しでも改善できるよう、心がけてみましょう

2015年7月3日

感動で脳の老化を防ぐΣ(=゚□゚=;)

みなさんこんにちは♪
 

突然ですがfrown皆さんの脳は昔と変わることなく働いてますか?
 

最近、昔に比べて物覚えが悪くなったな、やるべきことをすぐ忘れてしまう、ということがあるのでクビになる前に脳の老化対策をしていきたいと思います笑(元々能力高くないですが…千里の道も一歩から)
 

心理学者キャッテル(アメリカの心理学総始期の指導者)いわく、知能を「流動性知能」「結晶性知能」に分けることができるそうです。
この知能の高低が頭の良さに関わってきます
 

流動性知能

早く正確な計算をする力、単語などを暗記する力、集中力があるかなど勉強に関わる知能。
主に左脳で処理する分野。
18~25歳がピークでその後は下降していきますが、練習をすれば知能を伸ばせます
 

結晶性知能

判断力、知恵、知識など経験から得られる知能。
主に右脳で処理する分野。
60代頃でピークを迎えますが、経験値を増やしたら知能を伸ばせます
 

経験を増やし、結晶性知能を働かせると脳の働きが活発になり、その影響で流動性知能の低下も予防できます。
運動するのも、考えて指先を動かす(趣味が麻雀な人は通常の人と比べて結晶性知能が高い。編み物や楽器など書ききれないくらいたくさんありますね)のも、効果的です

一番脳を活性化できるのは「感動」ですので、新しい発見をしたり、おいしいものを食べたり、映画、本などに触れるなど常に自分の心を動かすような機会を意欲的に求めていきたいですね。一度きりの人生、退屈してたらもったいないですもんね。
 

感動に貪欲でいきましょう

2015年6月27日